暮しに根差したデザインの家

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 0027-2-1024x683.jpg

after テラス、土間、ダイニング。テラス土間は第二の玄関としてベンチと収納と帽子掛けを配置

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC0098-3-1024x680.jpg

before

築50年木造2階建て、夫婦2人、暮しに根差したデザインにリノベーション。また、断熱性能の向上と耐震補強をおこない、健康で安全安心な家にしていきました。
元の家は、区切られた間取り、奥の部屋は暗く寒い。玄関は鍵がなく勝手口から出入する造りでした。

新しさと古さが調和した空間を目指した。自然光を採り入れたキッチンを中心とした回遊性のある空間を計画。暗い所に光を入れる為、吹抜ハイサイドライトを設けた。玄関は昔の記憶として古さを残しつつ調和するようにした。テラスと土間を設置し古い外観を和モダンに。又、外と内の繋がり、もう一つの出入口として暮し方の幅を広げた。 シンプルなスケルトンキッチンを光と暮らしの中心に配置し、白を基調にグレーと木で構成した空間の引締めと抜け感を演出した。

after 和モダンに雰囲気をかえた外観。テラスを新たにつくることで新しい暮し方を提案

before

ハイサイドライトを設けて明るく改造したキッチン
以前は暗く寒い場所だったが、家の中心となるようにペニンシュラ型キッチンを配置しました。
回遊性がありリビングとの繋がり

キッチンからの風景。
ダイニング、土間、テラス、庭へと景色がつながる

リビングには薪ストーブを配置して暖かい室内と火のある暮し

古い記憶として玄関は既存を利用している。
新しさと古さと使いやすさの調和をめざした。
以前は鍵がなく使えなかった玄関を使えるようにしました。